タグ: 再代襲

再代襲によって相続人ななることもあります

法定相続分は、民法の定める共同相続人の相続による権利義務の承継割合であり、 相続人と被相続人との親族関係により定められています。

相続人となる者が被相続人の相続開始以前に死亡したり、
相続欠格や廃除によって相続権を失った場合は、当該相続人となる者の
直系尊属がその者に代わってその者の受ける相続分を相続します。

“再代襲によって相続人ななることもあります”の詳細は »