遺産分割協議のやり直しなんてできるのでしょうか

相続人の全員が参加して、その内容に相続人の全員が合意した遺産分割協議を
やり直すことができるのでしょうか。

遺産分割のやり直し方を規定して法律はありませんが、相続人全員の合意があれば
遺産分割協議のやり直しは可能であるという、最高裁判所の判例がありますので、
一度成立した遺産分割協議を相続人全員の合意によってやり直すことはできます。

しかし、遺産分割協議のやり直しには注意が必要で、税務上は遺産分割協議の
やり直しが認めれれないケースがほとんどです。

被相続人の財産を相続人の名義へ変更する手続きの前に遺産分割協議をやり直す
場合は、遺産分割協議は有効に成立していましたが、被相続人の財産を相続人の
名義へ変更する手続きをしていない状況で遺産分割協議をやり直します。
この場合には、やり直しをした遺産分割協議に基づいて、被相続人の財産を
相続人の名義へ変更することができます。

被相続人の財産を相続人の名義へ変更した後に、遺産分割協議をやり直す場合は、
最初の遺産分割協議に基づいて、被相続人の財産を相続人の名義に変更しています。
このような状況で、遺産分割協議をやり直した場合には、最初の遺産分割協議の内容と
やり直した遺産分割協議の内容が異なりますので、一度行った被相続人の財産を相続人の
名義へ変更する手続きを修正して、手続きをやり直さなければなりません。

相続手続きと遺産分割協の相談をできる
故人の兄弟や姉妹が相続人になる場合、
当事者が多くて遺産分割協議書の作成が大変になることがよくあります。
www.souzoku-shien.net/legacy

«
 

トラックバックURL