ゴルフ会員権は相続の対象になるのでしょうか

亡くなった方がゴルフ会員権を持っていました。
相続することはできるのでしょうか

ゴルフ会員権には、大きく分けて株主会員制ゴルフクラブ、社団法人制ゴルフクラブ、
預託金制ゴルフクラブのの3種類があります。
ゴルフ会員権が相続の対象となるかはゴルフクラブの会則の定めによります。
会則に規定がない場合の、株主会員制ゴルフクラブ、預託金制ゴルフクラブの会員権は
どうなるかについて説明します。

株主会員制ゴルフクラブは会員がゴルフ場経営会社の株式を持つことにより、
会員となり優先的プレー権を有することができるゴルフクラブです。

株式は相続の対象となりますから、株主会員制の会員権も相続できることとなります。
しかし会員権を相続したとしても会員となれるかどうかはゴルフ場経営会社に裁量ががあるので、
必ずしも会員となれるわけではありません。

入会を希望しない場合や、入会を拒否された場合は売却により換金することが可能です。

預託金制ゴルフクラブとは会員から預託金を集めて経営しているゴルフクラブのことで
会員権には優先的プレー権と預託金返還請求権が含まれています。

ただし、理事会の承認を受けなければ会員となれないのは株主会員制の場合と同じです。
入会を希望しない場合、入会を拒否された場合にはゴルフ会員権を売却して換金するか、
据置期間満了を待って、預託金の返還を求めるかの選択が可能です。

横浜駅そばの相続登記と不動産のプロ
駅から近いと相談に行くのに便利です。横浜はこういう相談所があって助かりますね。
www.souzoku-shien.net/registration

«
»
 

トラックバックURL