農業をやっていない方が農地を相続した場合

お亡くなりになった方が田舎で農業をしていて、それを引き継ぐ方が実は農業をしていないということがあります。
そのような場合に相続はできるのでしょうか

実は一般的に農地の所有権を取得するには、農業委員会または都道府県知事の許可を
必要としています。
農業従事者でなければその許可を得ることは出来ないことになっています。
しかし、相続や遺産相続の場合には、例外的に農業委員会または都道府県知事の許可を
必要としていません。

したがって、もし相続を受ける方が農業に従事していなくても、
相続によって農地を取得することはできます。
ただし、相続した農地を売却したり、貸したりするには、
農業委員会または都道府県知事の許可が必要になります。

先ずは、現地の農業委員会や行政書士に相談して選択肢について相談したほうがいいと思います。
その上で相続人間で(共有も含め)誰が相続するか決めたらいいと思います。
農振地域で耕作継続以外認められない地域の農地の場合は、農業従事者ではない
者にとっては財産といえどババ抜きのババのようなものになってしまうことも
あります。

«
»
 

トラックバックURL