父親が早く亡くなり、相続人の子供はまだ未成年である場合

相続人に未成年の子どもがいる場合、母親が代理して遺産分割協議をしてもいいのでしょうか?

未成年の子どもでも相続人ですから、遺産分割協議の当事者になります。
しかし、残念ながら未成年は単独では遺産分割することが民法上できません。

通常の契約であれば、両親が法定代理人として、代理することとなります。
だから実際の遺産分割協議でも、母親が代理して、子供本人名義で遺産分割協議書を作成しているケースも多いです。
しかし、遺産分割協議の結果を子どもに優位になる場合もありますが、母親にとって有利になる内容を作成する場合もありえます。

そのため母親と子どもは利害が対立する関係になるため、母親と未成年の子どもが相続人になる場合、母親が未成年の子どもを代理して遺産分割することはできません。
この場合特別代理人の選任を家庭裁判所に申し立てることになります。

すべての場合に選任しなければならないわけではなく、土地やゴルフ会員権など相続財産を換金するような場合には遺産分割協議をせずに共有名義のまま市場の合理的な価格で売却するのであれば、子どもと母が対立することがないので、母親も未成年の子どもの代理人になりえます。

相続財産がそれほど多くなく、緊急に遺産相続をしなければならないということでなければ、成人になってから遺産分割協議書を作成してもいいかもしれません。

«
»
 

トラックバックURL