結婚してない兄弟に亡くなるまで面倒を看てくれた人がいた

相続は子どものいる人だけに発生するものと思われる方もいるでしょうが、そうではないのです。

財産があるなしに関わらず人が亡くなれば必ず相続は起きます。

結婚はしてなかったが、死の間際まで面倒を看ていてくれた人がいた場合

その人が相続人になることはできるのでしょうか?

相続人は法律上定められている配偶者、子ども・孫、両親・祖父母、兄弟姉妹
およびその子に限られていますので、死の間際まで面倒を看ていたからと言って
残念ながら相続人がいれば、面倒を看ていたからと言って相続人にはなれません。

それでも相続人と同様に遺産を受け取る権利を取得する特別縁故者という制度があります。

しかし、この特別縁故者は相続人がいない場合に初めて遺産を受け取れることができるもので、相続人と遺産分割を話し合う立場にはありません。

でも本来相続人となるべき血縁者が面倒を看るところ、その方が面倒を看ていたのですから、面倒を看るのに要した看護料やその他支出した実費を相続人に請求することはできます。

«
»
 

トラックバックURL