妻の老後の生活に全財産を遺したい

ご主人として自分が亡くなった後、残った財産は成人して収入がある子供たちでなく、妻の老後のために残してあげたい・・と思われる方もいると思います。

妻の面倒をみてあげてほしいと言っていても、実際相続が始まると財産をめぐって兄弟姉妹間でもめることもあります。
そのようにならない為にはどのようにしたらいいのでしょうか

ご主人として自分が亡くなった後、残った財産は成人して収入がある子供たちでなく、奥さんの老後のために残してあげたい・・と思われる方もいると思います。
子ども達が不仲になることなく、また妻の老後のためにも多く財産が行くようにするには次のようなことをすることができます。

法定相続分では妻には相続財産の2分の1が行くことになります。
しかし、残りの財産で子供たちが妻の面倒を金銭的にみてもらえなさそうだと思う場合、遺言によって配偶者に全財産を相続させることもできます。

もっとも子ども達にも遺留分がありますから、遺留分滅殺請求をされた場合には全財産を相続した配偶者はその分を返さなければなりません。
ただ夫の財産形成には妻も大きく貢献していますし、妻が相続した財産もやがては子ども達に相続されるものです。遺言書の中に子ども達への希望として、遺留分の主張をしないように書き添えておくのもいいと思われます。

«
»
 

トラックバックURL