再代襲によって相続人ななることもあります

相続人となる者が被相続人の相続開始以前に死亡したり、
相続欠格や廃除によって相続権を失った場合は、当該相続人となる者の
直系尊属がその者に代わってその者の受ける相続分を相続します。

これを代襲相続といい、相続することとなる相続人を代襲相続人といいます。
被代襲者にも代襲原因があるときは、代襲者の直系卑属がさらに
代襲者となります。。これを再代襲相続といいます。

複数の代襲相続人は同順位で、平等に相続します。なお、被代襲者が
被相続人の用紙である場合、被相続人との縁組前に出生した被代襲者の
子は、被相続人の直系卑属ではないため、被代襲者を代襲して
相続することはできません。

直系尊属には、代襲相続はありません。さらに、兄弟姉妹には
再代襲相続はありません。

胎児は生まれたものとみなされ、死体で生まれたときを除き、相続人と
なります。
生まれるまでは遺産分割の当事者とならないとされています。よって、
胎児の出生前に遺産分割をした場合、胎児の出生によって相続人を欠いた
遺産分割となります。

«
 

トラックバックURL