カテゴリー: 知識人が遺産分割協議書を語る

再代襲によって相続人ななることもあります

法定相続分は、民法の定める共同相続人の相続による権利義務の承継割合であり、 相続人と被相続人との親族関係により定められています。

相続人となる者が被相続人の相続開始以前に死亡したり、
相続欠格や廃除によって相続権を失った場合は、当該相続人となる者の
直系尊属がその者に代わってその者の受ける相続分を相続します。

“再代襲によって相続人ななることもあります”の詳細は »

不動産の相続手続き

不動産の登記手続きは自分ですることもできますが、専門的な知識を要求されることも多いため、司法書士等の専門家に依頼することをお勧めします。

被相続人の不動産を相続人が引き継ぐためには、相続を原因とする所有権の移転登記の手続きをその不動産の所在地を管轄する法務局に対してすることになりますが、実は、不動産の登記手続きは強制されるものではありません。
“不動産の相続手続き”の詳細は »

相続における遺贈の役割とその意味

相続の遺贈とは、遺言により人(自然人、法人を問わない)に遺言者の財産を無償で譲ることを指します。

遺贈とは・・・・・・遺言により人(自然人、法人を問わない)に遺言者の財産を無償で譲ることを指します。
民法第964条
遺言者は、包括又は特定の名義で、その財産の全部又は一部を処分することができる。ただし、遺留分に関する規定に違反することができない。
遺贈の種類は包括遺贈と特定遺贈、その他負担付遺贈、
“相続における遺贈の役割とその意味”の詳細は »

相続で分割をやり直さなければならない場合

相続人のうち一人でも遺言をたてに遺産分割協議に反対している時のことです。

◆相続人のうち一人でも遺言をたてに遺産分割協議に反対している時
◆遺言で認知があったとき。
◆遺言による廃除があったとき。
“相続で分割をやり直さなければならない場合”の詳細は »

相続で遺言執行者がすることの説明です

遺言執行者とは、遺言の内容を実現するために特に選任された人、相続人の代理人となる人です。民法第1006条以降に規定がありますよ

遺言により遺言執行者が指定されている場合または指定の委託がある場合は、
遺言執行者が就職し、直ちに任務を開始する(1006条・1007条)。


“相続で遺言執行者がすることの説明です”の詳細は »

墓碑などの相続 はこうなっています

祭祀財産においては相続財産と別個の財産として特定の者だけ継承させるとしているので、原則として継承者は一人となっていますよ

民法では系譜、墓碑、祭具等の所有については相続人ではなく監修に従って祖先を祭り上げるべく継承することが定められています。


“墓碑などの相続 はこうなっています”の詳細は »

相続と分割協議の代理人について

あくまで利害関係の無い代理人を各相続人がそれぞれ自分で選んで立てることが必要です

遺産分割の際に親戚、兄弟の間で分割協議書を作成しますが相続人の中から協議書を作るときの代理人を出してしまうことがあります。

“相続と分割協議の代理人について”の詳細は »