カテゴリー: 見解が分かれないための税の武装

相続の特定の同族が営む会社事業用の宅地

一定の法人の事業の用に供されている部分で、要件の全てに該当する被相続人の親族が相続又は遺贈により取得した持分の割合に応ずる部分に限られます。

(評価の原則)第二十二条  この章で特別の定めのあるものを除くほか、相続、遺贈又は贈与により取得した財産の価額は、当該財産の取得の時における時価により、当該財産の価額から控除すべき債務の金額は、
“相続の特定の同族が営む会社事業用の宅地”の詳細は »

相続で税法上有利に節税する寄付金

相続で選挙運動に関して贈与を受けた金額、物品などの利益で規定により要濃くされたものは贈与税の非課税財産とされます。

一般の寄付については
以下の式に基づいて上限を求めることができます。


“相続で税法上有利に節税する寄付金”の詳細は »