遺言にはいくつか形式があります

遺言を作成するにもどのような形式があるのか理解することも大切です

家族に自分の意思を示すために遺言書を作成したいとお考えになる方もいると思います。
では遺言書はどのように作成すればいいのでしょうか?


“遺言にはいくつか形式があります”の詳細は »

戸籍謄本・除籍謄本の違いとはなんでしょうか

戸籍調査に必要な戸籍謄本は戸籍のすべての写し、抄本は戸籍の一部の写し

人が亡くなり、相続を始めるに当たり相続人を調べることは第一段階です。
その相続人を調べるには戸籍謄本を取り寄せなければならないと言われています。
この戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍とはいったいどう違うのでしょうか?


“戸籍謄本・除籍謄本の違いとはなんでしょうか”の詳細は »

おばが亡くなった時の相続や自分のすべき事

もしも一人暮らし(子供無し)をしていた「おば」が亡くなった場合、相続はどのようになるのでしょうか

相続手続きの相談で多いのは、配偶者を亡くされた方や親御さんを亡くされた方です。
前述のように亡くなられた方に配偶者がいたり、お子さんがいたりする場合は、その方たちがお手続きを進めるため割とスムーズに手続きが進むのですが、
配偶者やお子さんがいない場合は手続きに時間がかかることが多々あります。
では、もしも一人暮らし(子供もいないとします)をしていた「おば」が亡くなった場合、相続はどのようになるのでしょうか。
“おばが亡くなった時の相続や自分のすべき事”の詳細は »

相続の特定の同族が営む会社事業用の宅地

一定の法人の事業の用に供されている部分で、要件の全てに該当する被相続人の親族が相続又は遺贈により取得した持分の割合に応ずる部分に限られます。

(評価の原則)第二十二条  この章で特別の定めのあるものを除くほか、相続、遺贈又は贈与により取得した財産の価額は、当該財産の取得の時における時価により、当該財産の価額から控除すべき債務の金額は、
“相続の特定の同族が営む会社事業用の宅地”の詳細は »

相続における遺贈の役割とその意味

相続の遺贈とは、遺言により人(自然人、法人を問わない)に遺言者の財産を無償で譲ることを指します。

遺贈とは・・・・・・遺言により人(自然人、法人を問わない)に遺言者の財産を無償で譲ることを指します。
民法第964条
遺言者は、包括又は特定の名義で、その財産の全部又は一部を処分することができる。ただし、遺留分に関する規定に違反することができない。
遺贈の種類は包括遺贈と特定遺贈、その他負担付遺贈、
“相続における遺贈の役割とその意味”の詳細は »

相続放棄でマイナス借金は受け継がない

相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3箇月以内に、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければなりません。

民法(相続)
第5編(882条~1044条)
(相続開始の原因)
882条 相続は、死亡によって開始する。
“相続放棄でマイナス借金は受け継がない”の詳細は »

相続で分割をやり直さなければならない場合

相続人のうち一人でも遺言をたてに遺産分割協議に反対している時のことです。

◆相続人のうち一人でも遺言をたてに遺産分割協議に反対している時
◆遺言で認知があったとき。
◆遺言による廃除があったとき。
“相続で分割をやり直さなければならない場合”の詳細は »

相続で遺言執行者がすることの説明です

遺言執行者とは、遺言の内容を実現するために特に選任された人、相続人の代理人となる人です。民法第1006条以降に規定がありますよ

遺言により遺言執行者が指定されている場合または指定の委託がある場合は、
遺言執行者が就職し、直ちに任務を開始する(1006条・1007条)。


“相続で遺言執行者がすることの説明です”の詳細は »

相続権の譲渡 をするということについて

譲渡を受けたものはその旨を他の共同相続人に通知しなくてはなりませんよ

相続権は民法によって全遺産に対して共同相続人が有する割合としての相続分を譲渡できるとしています。譲渡を受けたものはその旨を他の共同相続人に通知しなくてはなりません。でなければ他の相続人に対して相続分の譲り受けの対抗をすることができません。


“相続権の譲渡 をするということについて”の詳細は »

墓碑などの相続 はこうなっています

祭祀財産においては相続財産と別個の財産として特定の者だけ継承させるとしているので、原則として継承者は一人となっていますよ

民法では系譜、墓碑、祭具等の所有については相続人ではなく監修に従って祖先を祭り上げるべく継承することが定められています。


“墓碑などの相続 はこうなっています”の詳細は »

« 過去の記事
最新の記事 »